英語の勉強はいつから? 英語の幼児教育について 持論

Pocket


アメリカ人言語学者が日本人のために開発したバイリンガル育成プログラム!
字幕なしで映画を観て英語耳を実感して下さい。

英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


英語は生まれたときからすぐに教えた方がいい?

babyeigo

いつまでたっても結論がでない英語の幼児教育の是非・・・

そもそもなんで結論がでないか?

それは、幼児教育がほんとに役立っているか証明できないからでしょうか?

英語の幼児教育推進派の大半はこんな理論。

”日本語も自然に覚えたでしょ?英語だって赤ちゃんのころからやれば、

自然に覚えるはず。ネイティブに近い感覚?”

英語の幼児教育反対派の大半は、こんな理論。

”日本語すらしゃべれない幼児に習わせてどうする?日本語がおかしくなる。”

スポンサーリンク

私は、どっちもどっちだと思ってます。

まず、推進派の”英語を自然に覚えることができる”・・・

→そんなはずないじゃん!!!!!

いくら幼児から始めたって、英語を聞いてる時間なんて週に2,3回、数時間程度でしょ?

それに、ここは日本なんです。そこら中に英語があふれているわけではない!

それで自然に覚えられるなんてありえないです。ネイティブと同じようになるわけがない。

次に、反対派!

そもそも言葉なんて時代で変わってくるものそこを焦点にすること自体おかしい。

言葉ってコミュニケーションに使うもので、それが時代によって

変わってもいいんじゃないでしょうか?

反対派の中には、自分が幼児教育がなくても英語が喋れるようになったから、、みたいな

人もいますが、これも変ですね。

私、個人の意見としては、

英語の勉強を早く始めるにこしたことはない!

これです。だって早く始めれば英語に触れる時間が長くなるから。

もちろん、日本で育っている以上、ネイティブみたいにはなれません。

映画を字幕なしで完璧に見ることは一生できないと思います。

ただ、コミュニケーションは、経験を積めばできるんです。

だから、現代の国際社会で英語を話せないというのは、

とってももったいない。

幼児教育がどうのこうのと議論よりも

早く英語の勉強をはじめなさい!と言いたいですね。

また、留学すれば英語がネイティブみたいに話せるようになる、、

みたいな神話をまだ信じている方もいますが、

行けば、話せるなんてことはないと思います。

やはり、日本で育った以上、かなりの努力をしないと

話せるようになれない。たとえ留学してもですね。

私は、留学に行って上手にしゃべれる方は、努力してきたんだなっと

思いますし、尊敬します。

だって、4年間アメリカの大学に行って、英語でうまく表現できない人

結構知ってます。

最後に!

留学に行こうが、行くまいが、英語は習得できる。

どちらにせよ、かなりの努力をしないといけない!

以上、持論でした。


アメリカ人言語学者が日本人のために開発したバイリンガル育成プログラム!
字幕なしで映画を観て英語耳を実感して下さい。

英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大