先物、FX投資!稼ぐお薦め教材 時鳥トレード天の時&フラッシュゾーンFX

Pocket

短期的にお金を稼ぐ=短期的にお金を失う

私は投資を始めて5年。

株から始め、今は、日経225先物(以下先物)、FXをメインでやってます。

やったことがある人はわかりますが、先物やFXは、短期的にお金を稼ぐことができます。

しかし、その反面、短期的に大金を失うことも事実です。

thFI93PGFE

始めたころは、”短期的にお金を稼ぐことができる!”という面にしか

目がいかず、”短期的にお金を稼ぐ=短期的にお金を失う”ということが

なかなか理解できず、大金を失うことが多かったです。

これから始める人は、しっかりそのことを頭に入れてほしいと思います。

スポンサーリンク

相場は、欲と恐怖の増幅装置

この言葉は、私が購読している【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」

でよく言われる言葉です。

実際に取引をやっている人はかなり痛感する言葉だと思います。

欲につられて不確かな根拠でエントリーをする。

そして、もっと大きなお金を投資したらもっと勝てるんじゃないか!と考え

大金をはたく!

⇒大きくお金を投資した分、大きくお金を失う。

こうなったら悪循環!次にエントリーした時は、

恐怖にかられて中途半端な水準で投げされられる。

だいたいこれで身を亡ぼすのです。

実際相場はそのようにできていて、95%の人は儲けられないように

できています。実際に儲けられている人はたったの5%です。

政府や銀行、ヘッジファンドなどの巨大組織(大金持ち)が、

自らの都合のいいように相場を動かしているのですから

当たり前です。

個人投資家は、大きな値動きに翻弄され、退場させられるのです。

一個人が相場で勝つのは、かなり難しいのです。

では、どうすればいいか?

それは自分のルールに必ず従うこと。そして資金管理をしっかりすること

自分の決めたエントリールールを守り、あらかじめ利益額、損失額を決めることです。

決めたら最後、それを必ず守る!…

もう少しがまんすれば、値は戻る

と考えて、最初に決めたロスカットの値をあとで変えないこと!

もっと利益が出そうだから、もう少し待ってみよう

これも最初はやめたほうがいい。上級者はやってもいいと思いますが、

普通の人は、利益額も最初から決めるほうがいいと思います。

そして、資金管理です。

相場では、通常.損失額(ロスカット額)は、総資金の2%に抑えることが

いいとされてます。

勝つチャンスはまだある。早々と負けを認め、次の戦いにいくことが大切です。

 thHTKYYHA5

さてさて、ルール決めはどうしよう?

ルール決めをするのってそれ自体実はむずかしいんですよね。

自分が決めたエントリーがほんとに正しいのか、、、最初はわかりません。

そこは経験したり、勉強したりしないと身につかないものです。

私のおすすめは、どれか一つ教材を決めてそれに従って自分のオリジナルエントリーを

作っていくことです。

例えば、先物では、先ほど書いた【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」

を参考にするといいと思います。

このメルマガの筆者は、政策と国際情勢分析のプロであり、

それをもとに、あるべき日経平均の位置を教えてくれます。

しっかりとした根拠がありますので、まずは、それに従い

相場の勉強をすることをお勧めします。

ただし、エントリー回数はかなり少なめですので、ポジポジ病のかたは、

我慢が必要です!(笑)

ただ、このメルマガは、安価ですし、安価に見合わないくらい優れた情報を

提供してくれるのでおすすめします。

 ➡【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」を購読してみる!

次に、FXでおすすめするのは、


Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)です。

元SMBキャピタル所属の現役プロトレーダーPaul Zimon(ポール・ジモン)が

あるロジックを使って投資法を説明します。

価格は、39,800円と少し高いですが、エントリールールの根拠作りができると思います。

ロスカット、利益額の設定が明確なので、すごくわかりやすい。

このロジックのいいところは、他のロジックとミックスすることができるところです。

このロジックを使いながら自分のオリジナルルールをつくるというのも面白いですので、是非体験してほしいと思います。

私にとっては、フィボナッチを使うきっかけ となったという意味でよかったと思います。

→ フラッシュゾーンFXを試してみる

ただし、前も書いたかもしれませんが、手法というのは相場環境をちゃんと認識してから使うものです。

手法の勉強だけでなく、現在の相場環境を認識することで勝率は変わると思います。

では、良い週末を!

ウォールストリート・ジャーナル日本版

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大