変わらないために変わり続ける。一風堂30周年メニュー一新について考える

Pocket

変わらないために変わり続ける

私はこの言葉が好きです。

一風堂 河原社長の言葉です。

th0MV6623X

一風堂さんのラーメンは、時代とともに変化する

お客様に合わせて味も微妙に変化させていっているのです。

今回30周年を記念してお店の看板商品の白丸元味、赤丸新味を

リニューアルしました。

もちろん私も食べましたがうまいです。

今回は、味がどうのこうのというのではなく、

この看板商品でさえ味を変えるこの姿勢が

素晴らしいと思い、ブログに書きました。

先日、輸出の件で約30年続くラーメン屋さんの話を聞きましたが、

やはり、ここも時代によって味を変えているそうです。

永遠に続くものはない、Nothing Last Forever ってよく言いますが、

その通りだと思います。

夏草や兵どもが夢の跡です。

栄華は、続かない。長く続いた江戸時代だって終わったんです。

って話がそれ過ぎですが、、、(笑)

スポンサーリンク

企業だって変わらないといけない

ラーメン屋だけでなく、企業も同じです。

同じことをして続いている企業なんてあるんでしょうか?

ケンウッドだって昔は、無線メーカー

アルインコさんも今はフィットネスや健康関連商品を

扱ってますが、建設の足場作りから始まってます。

そして無線をやったりしながら、今は健康器具を

中心にやってます。

やはり長く企業を続けるには、取扱商品すら変えて

いかないといけないのです。

結局なんでもそうで、今うまくいってるからといって

次の新しい何かを探してないと結局ダメになってしまいます。

続かないということです。

しかしながら、このことは誰もがわかっていることでもありますが、

なかなかできないことです。

ただ、”変わらないために変わり続ける”

それを意識することで人生もかわってくるのでは

ないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大