<FX投資>もうはまだ、まだはもうなり

Pocket

もうはまだ、まだはもうなり

投資格言ですが、だれでも経験することだと思います。

もうそろそろ底かな、まだまだ伸びるかな、、、

こういった予測が、高値掴みをやったり、底で売ったり、、、を引き起こすんですよね。

でも判断するのって難しいんですよね。

先週末、日銀失望で円高が進みました。doru

今、106円台です。そろそろ底かな?って思っている方いるとしたら危険だと思うんです。

もちろん底かもしれません。ただ、だれにもわからないのです。

スポンサーリンク

トレンドは、明確なシグナルが発生するまで継続する

というダウ理論がありますが、明確なシグナルというのは何か、、、

正直わかりません。

ただ、わたくしが気をつけているのは、短期足から長期足すべてを見て判断しています。

特に長期足がどのように動いているか確認し、エントリーを決めます。

短期足が上に行きそう、、となっても、長期足が下を向いていれば、まだ売り目線でいます。

誰もがやっていることかもしれませんが、負けている方は、

短期足だけを見て、長期で売られているのに、買いをやって痛い目に合う。

こんなトレードをされているんじゃないかと思います。

長期足をみることで、勝率は上がると思ってるんですが、どうでしょう?

長期足を見るということは、待つ時間が長くなりますが、短期の反発を取ろうとして

痛い目に合うよりましなのでは?

では、

ウォールストリート・ジャーナル日本版

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大