<FX投資>エントリー回数増=リスク増

Pocket

エントリー回数増=リスク増

今週は、エントリー回数を減らすということを意識しました。

やはり、エントリーをする回数が多いということは、お金を失うリスクを負う回数が多いということと同じ意味になるからです。(スキャルピングをされている方はあてはまらないかもしれませんが、、、)

それが功を奏したのか、今週は、15万以上利益がとれました。

勝率も、69%とかなり良かったです。

エントリー回数を少なくする = 待つ ということです。

納得してエントリーできるところまで待つのです。

待つ、待つ、待つのだー!

animal

私が今、納得できる場所、、、そのひとつは、損切りができるだけ少なくできる場所です。

実際、なかなかできないんですけどね、、、ただ、今は、それをすごく意識しています。

私は、まず損切りラインを決めてからエントリーします。

そして、一度ポジションを持ったらバタバタしない。

利確に関しては、具体的な数値は決めませんが、レジスタンスやサポートは意識します。

このようにやることで、少しずつ取引が安定してきました。(今週は良すぎたのですが、)勝つにしても負けるにしても想定内でやれています。

スポンサーリンク

そこで、少しでも参考になれば、、ということで、私が今やっている方法を書いてみます。

<使っているインジケーター>

1.移動平均線 (時間によって本数が違います。維新流トレード術>を参考にしました。)

2.単純な平行線およびフィボナッチ

この2つで取引をしています。MACDやRSIは表示してますが、まだ、参考にできるほど上手ではなく、混乱することがあるので、ほとんど見てません。

<時間足に関して>

5分足から日足全体を見て、特に長期の流れを参考にしながらエントリーをしております。

エントリーはほとんど1時間足か4時間足です。

<FX業者> XM

<レバレッジ>500:1

<エントリーロット>0.5ロット~1ロット

<その他>

できるだけ外部の情報を少なくしています。特に、ツイッターです。

以前は、ツイッターなどで有名な人の発言(予想)に従ってエントリーしたり、、ポジションなどを真似したりしてましたが、今はやめました。

そもそも資金力が全く違い、同じようにはできないですし、ツイッターの情報はタイムリーに来るので、その情報に右往左往し、自分のタイミングがとれず、バタバタしてしまいます。

唯一参考にしているのは、河合さんの”河合美智子為替相場と楽しく付き合う方法”です。

この方の相場観に従うだけでもある程度勝てるんではないかと思います。

以上、こんなものです。

あと、MyFXBookというサイトで取引を管理し始めたということも、よかったかもしれません。そこには事実しかないので、冷静に取引ができるようになりました。

myfxbook

自分の取引が分析できる無料のサイトですので、使ってない方は、是非使ってください。

XM口座も対応してます。)

というわけで、以上です。

参考にはならないかもしれませんが、この程度の取引方法でも勝ててはいますので、何かのヒントになれば、、、、

では、

ウォールストリート・ジャーナル日本版

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大