<FX投資>幻想を捨てること

Pocket

なぜ、トレードをするのか?

答えは簡単です。お金を稼ぐためです。

これ以外ありません。現状維持でよければ、何もしません。

今よりいい生活をしたい。お金に縛られたくない。
色々あると思います。私もそうです。

では、なぜ、勝てる人と負ける人がいるのか?

同じように、移動平均線、MACD、ダウ理論、エリオット波動、、、
などを勉強し、トレードを行ったとしても、
勝つ人と負ける人がいます。

株にしても、先物にしても、FXにしても、
売買した時点では、2分の1の確率で上がるか、下がるかです。

なぜ、勝ち組と負け組が起こるのでしょうか?

負け続けてきた私が思うに、負けている人は、

スポンサーリンク

一攫千金を求めている。勝ち急いでいる方が多いのではないかと思います。

そのために聖杯を探し、教材を買い続ける。しかし結局は勝てないのです。
(数万円もする教材を購入するのであれば、維新流トレードを買ったほうがためになると思います。)

先ほど売買した時点での勝率は2分の1としましたが、
2分の1で大金持ちになれるわけではありません。

2分の1の戦いを積み重ねることで、結果的にお金持ちになるのです。
つまり、相場でお金持ちになるというのは、すぐそこにあるわけではなく、
もっともっと先に、遠くにあります。

また、2分の1の戦いにしても、実際は2分の1ではないかもしれません。

相場の動きは、一定ではなく、結果的に勝っていたトレードでも、

途中で損切りにひっかかったりすることもあります。

そして、エントリーした時点で、 欲と恐怖との闘いになります。
この欲と恐怖でパニックになってりすることがあります。

冷静に判断すれば、2分の1だったものが、パニック思考でそれが、5分の1、10分の1の勝率のところでエントリーしたりするのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

お金を稼ぐ結果に焦点が当たりすぎると必ず博打になります。

重要なのは、理屈にあったトレードを繰り返すことです。
買ったとしても負けたとしても、そのトレードを説明できるかどうか、が大事なのです。
私もできているわけではありませんが、 負け続けてきたから、今はわかります。

理屈にあったトレードをするために理論を勉強する必要があるのです。
聖杯を買うのではありません。トレードの理論を勉強することです。

すぐに大きくは勝てないかもしれませんが、やはりこれが王道ではないかと
最近思っています。

まずは、相場で、大金持ちになる幻想を正さないといけませんね。

では、



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大