<FX投資>ドイツ銀行破綻?!リーマン級の大暴落はあるのか?

Pocket

リーマン級の大暴落があるのか?

最近欧州発端の緊急危機が発生し、リーマン級の大暴落が発生する!という内容のネタがおおいですよね?

問題はドイツ銀行、イタリアのモンテパスキ銀行です。

ドイツ銀行の株価はこんな感じ

%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e9%8a%80%e8%a1%8c

モンテパスキ銀行の株価は、こんな感じ

%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%ad%e9%8a%80%e8%a1%8c

確かにベイルインルールのため公的資金は投入されないとなれば、破綻は時間の問題のようにも思えますね。それに加え、EU内では、難民問題など多くの問題が山積みですので、EU崩壊の危機もあながちないとは言えません。

スポンサーリンク

では、リーマンショックはどういうものだったか?

%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3

上記は、リーマンショック時のドル円の値動きです。

次に今年のイギリスEU離脱時の値動きを見てみます。

eu-%e9%9b%a2%e8%84%b1

中心付近に大陰線がありますが、これが国民投票当日ですが、リーマンショック時に比べると

短期的な下落です。

リーマンショック時のチャートを見ると長期的に下落が続いています。

変な言い方ではありますが、トレーダーとしては、リーマンショック時の時の方が

利益を得やすいように見えます。

今回、万が一欧州の金融ショックが始まると長期的な下落相場になる可能性があります。

つまり、暴落を利益に変えるチャンスになるのです。

ただし、注意しないといけないのは、長期的な下落相場になったときに、そろそろ底だろう、と考え逆張りをすることです。

リーマンショック時でもそろそろ反転だということで、退場した人も多くいたと聞きます。この点は注意して取引しましょう。

というわけで、欧州ショックが起こるとしても起こらないとしても、トレーダーとしては、

起こる前提で取引を行い、突然の暴落に巻き込まれないようにしなくてはいけません。

それでは、特に年末までは慎重に取引していきましょう!

では!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. 園 重治郎 より:

    いつも楽しみにして見させていただいております。先週一万円のセミナーに行ってまいりました。中で気になることがひとつ、そろそろ海外口座の人は国内へと念をおされました。忠告の様に頭に残っているもので何か情報いただけたらとおもいます。
    私はまだ初心者です。

    • 貿易商人 H より:

      確かに海外口座は、金融庁の関係で、撤退してる業者も多いですからね。
      もし不安でしたら、海外口座のメリットである=ハイレバレッジで、少額でもある程度のロットで取引ができる!ことを利用し、取引してみるのはいかがでしょうか?つまり、利益分は出金し、証拠金を調整していくといいのではないかと思います。