<FX投資> ダウ理論は通用する?通用しない? 例えばポンド円の動き

Pocket

FXの基本はダウ理論

こんにちは!

投資の世界でダウ理論は、一番有名な理論ですよね。

要はこんな感じ・・・

<上昇>

joushou

<下落>

geraku

上昇の場合は、高値切り上げ、安値切り上げ、下落の場合は高値切り下げ、安値切り下げ、になります。

スポンサーリンク

ダウ理論は、通用するか?

ダウ理論は通用しないという人もいます。ダマしがあって無理・・・って人も!

例えば昨日のポンド円を見てみます。(下記は5分足)たしかにきれいにはなってません。

pond

昨夜、ポンドは、上昇トレンド。

確かに、通用している場所、通用してない場所(ブルーライン)がありますね?

ただし、これを通用してない!と考えるのは単純すぎです。

FXは、負ける人がいるから、勝つ人がいる!であれば、ファンドなどが儲けるにはどうすればいいか? 

それは、損切りを出しながら、上昇することです。

つまり、ブルーラインで損切りを出させながら、上昇していると考えられます。

ここでのエントリーは、点線のXのところです。損切りをいれてそうなところからエントリーすると成功することが多いのです。
ただし、長期足でトレンドが出ている場合ですよ。
長期足が重要です!

一般的に、ファンドなどが為替操作ができるのは、短い足のみです。1時間以上の足の操作は難しいといわれます。

ダウ理論を知らない方にはあっち行ったりこっち行ったりに見えるチャートも、ダウ理論を知ることで、ダウ形成がわかり、またダウを崩しに行く動きがわかる。そしてそれを逆手にとってエントリーすることが可能です。

ですので、ダウ理論を知ることは大変重要で、それを崩しに行く方たちがいる!ということを頭に入れて取引をするといいのではないでしょうか?

以上

おすすめ海外口座 XM! ECN(ゼロスプレッドがおすすめ!)

XMをやるなら、TariTari経由がお得です。
ECN口座(ゼロスプレッド)でもキャッシュバックあり!
XM.COMのキャッシュバック口座開設はこちら

業界最高のリベート率!
業界最速の出金!
海外FX口座開設ならTariTali

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大