<FX投資>エリオット波動 カウント間違ってないですか?

Pocket

エリオット波動とは・・・

エリオット波動というのは、誰しも耳にしたり、簡単にかじってみたり、、ということがあると思います。

しかし、波形の取り方が人によって曖昧だったりで、使えない?というのをよく目にします。

私自身は使えるものだと思っていますが、エリオット波動の解説サイトなどでは、間違った説明とか、間違った波の取り方が散見されますので、エリオット波動の基本を再度簡単に説明したいと思います。

エリオット波動理論というのは、ざっくり言うと、

相場はある一定の周期(波動)の組み合わせでできている。

ということで、基本形は以下の形。

スポンサーリンク

よく見る形ですね?

今回は間違いやすいところだけ説明します。

上記は、推進(上昇)波を書いてみましたが、どこが間違っているかわかりますか?

一番左は、第1波の頂点を第4波が割り込んでいる → これルール違反です。

真ん中は、第1波、第3波、第5波の中で、第3波が一番短い → これルール違反です。

一番右は、第1波の始点を第2波が割り込んでいる → これルール違反です。

そうなんです、よくエリオット波動解説のページをみると、よくルール違反をしています。

特に第1波の頂点を第4波が割り込んでいる解説が結構多いです。

それは間違いですのでご注意ください。

また、調整3波(A,B,C)にもフラットやジグザグと呼ばれる単純なものや、ダイアゴナルトライアングルなどの複雑なものがあり、こちらも注意が必要です。

今回は詳しく説明しませんが、エリオット波動、推進5波調整3波というすごくシンプルな理論ですが、注意が必要な理論です。

上記の間違いやすいカウント例以外にも、注意することが多く、また、第2波と第4波のオルタネーションや、衝撃波、エクステンションなど・・・・いろいろと勉強することがあります。

しっかり勉強すれば使える理論だと思っておりますので、みなさんも正しく学んでくださいね。

ネットに書かれている情報(解説)がすべて正しいというわけでもないのでお気をつけを・・・

以上

<プロモーション>

おすすめ海外口座 XM! 短期スキャルにはECN(ゼロスプレッドがおすすめ!)

XMをやるなら、TariTari経由がお得です。
ECN口座(ゼロスプレッド)でもキャッシュバックあり!
XM.COMのキャッシュバック口座開設はこちら

業界最高のリベート率!
業界最速の出金!
海外FX口座開設ならTariTali

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)


【支持されて3周年】トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. 通りすがり より:

    はじめまして。
    「間違い例」は、あくまでインパルスの場合でしょうか?
    ダイアゴナルは波どうしの重なりがあると認識していまして・・・。

    • 貿易商人 H より:

      推進波である第1波のトップと同じく推進波第3波の押し目である調整波=第4波のボトムが重ならないという意味です。