FXを始めたいと思ったら!FXスタートガイド

Pocket

為替取引 FXを始めよう!

これからFXを始めたいと思っている方!始めてみたけどよくわからないという方!

FXを始めるのに知っておきたいことをまとめました。

自分の体験も含めて書いていきますので、是非ご参考にしてくださいね。

<まずは、口座を開設しましょう!>

FX口座はどこも一緒と思っている方も多いと思いますが、それぞれFX会社によっていろいろと特徴があります。

完璧なFX口座はありませんので、自分の生活スタイル、取引スタイルに合った口座を選ぶことが大切です。そしてそれが、FX勝ち組への第1歩となります。

それでは、FX口座選択で気をつけることべき点を書いていきますね。

1.手数料、スプレッドに関して

手数料、スプレッドというのは、FX会社の利益(取り分)になる部分です。

例えば、

USD/JPY(ドル円) SELL110.00  BUY 110.05
ってありますよね。この場合、差額が、110.05-110.00=0.05 となります。

⇒これがスプレッドで、FX会社の利益となります。

最近はこのスプレッド以外に手数料をとる会社は少ないですが、別途手数料が
かかる場合があります。

このスプレッドは大したことない!と考えている方もいるかもしれませんが、
特にスキャルピング(後述)などの短期売買をする方は気にする必要があります。

例えば、先ほどの例で0.05=5pipがスプレッドの場合に、1回の取引で5pip 分払わない
といけません。つまり、100回トレードしたら500pip分の代金を払うことになります。
これ1万通貨で取引したら、5万円分です。

大きいですよね?

特に短期売買をされる方は、自分の取引する通貨のスプレッドが広いか、
狭いかを確認してみてくださいね!

2. 取引プラットフォーム

みなさんMT4っていうのは聞いたことがありますか?

世界的に使われている、所謂チャート取引ソフトです。FX会社によって提供している
プラットフォームが違います。

特に国内FX会社は独自のプラットフォームを提供してますので、自分の使いたい
テクニカルインディケーターがあるか、売買がしやすいか、しっかり確認することが
必要です。

実際に使ってみないとわからないところもあるので、色々な会社のFX口座を開き取引を体験してみるのもいいかもしれません。FX口座を開設するだけでしたら、無料ですから。

3.会社の信用、サービス
自分の大切なお金を預けるわけですから、会社の信用というのはすごく大切です。
万が一FX会社が倒産した場合、保証はあるか?確認する必要があります。

信託保証というものです。有名FX会社は、100%保証がほとんどだと思いますが、
先日のコインチェックのような場合もありますので、しっかりと確認したいですね。

また、サービスという点では、キャッシュバックです。口座開設したら、お金がもらえる!!ってことですが、単純に考えてキャッシュバックを多くもらえるほうがいいですもんね。この辺りも確認しましょう!

4. 国内口座と海外口座
FX口座には、国内口座と海外口座があります。
まずは、国内口座から始めることをお勧めしますが、海外口座を使うメリットもあります。
*レバレッジが高い = 少額からある程度大きな取引ができる。


国内口座は現在レバレッジが25倍です。
つまり50000円入金すると125万円分の取引ができますが、
海外口座の場合、888倍(XM口座の場合)の取引ができます。
50000円x888=4440万円分の取引ができます。

利益額もすごいことになります。しかし、反対に損失額も大きくなりますので、
しっかり資金管理をしないといけません。

*ゼロカットシステム採用
これも海外口座の特徴ですが、入金額以上の損失が出ないようになってます。
国内口座の場合、資金がマイナスになるほど損失が出た場合、追証という
お金を請求されます。いわゆるマイナス分の補填ですよね。
海外口座の場合は、追証という制度はなく、マイナスになろうが、入金額以上の損失は
ありません。

*DD方式、NDD方式、ECN方式
国内口座の場合は、DD方式がほとんどです。
簡単に言うとFX会社がレートを決めることができる方式です。(人間が介在する)
ロスカット狩り!ってきいたことがありますよね?
最近は、ひどくロスカット狩りをやる会社はあまりないと思いますが、
DD方式の場合、注文(ロスカット)が集中している価格にわざとレートを当て、
ロスカットをさせることもできます。
その点、海外口座は、ほぼ、NDD方式、ECN方式という人間が介在していない方式です
ので、レートの透明性は高く、そのあたりは安心です。

DD方式、ECN方式、NDD方式 FX口座 海外FX 国内FX

詳しくはこちらもご参照ください。
FX業者基礎知識 DD方式、NDD方式、ECN方式 

参考:国内口座では、アヴァトレード・ジャパンがNDD方式です。
アヴァトレードジャパン証券⇒ アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設

海外口座のメリットを多く書きましたが、デメリットもあります。
*スプレッドが国内口座に比べ広い。
この点は、ECN口座をTariTariというキャッシュバック業者で口座を開設することで
ある程度克服することができます。

参考ブログ⇒
損をしないために!海外口座XMのECN(ゼロ)口座でキャッシュバックする

絶対お得!海外FX口座 XM ECN口座でキャッシュバック!最小スプレッドにする方法

*信託保証が100%ではない
国内口座では、ほとんど信託保証が100%ですが、XM口座では、20000ドルまで
です。20000ドル(200万)以上の証拠金で取引される方は、ご検討ください。

<おすすめFX口座>

1.手数料 スプレッドが狭い国内口座!

■SBI FXトレード⇒ SBI FX TRADE 口座開設 公式ページはこちら

2.キャッシュバックがもらえる!
■DMM FX⇒ DMM FX 口座開設 公式ページはこちら

3.国内口座でMT4が使える!
■FXトレードフィナンシャル⇒ FXトレードフィナンシャル 口座開設 公式ページはこちら

■OANDA JAPAN⇒ OANDA JAPAN 口座開設 公式ページはこちら
有名なFX便利ツール オープンオーダー/オープンポジションが使えます。
⇒ このツールの参考ブログはこちら

■アヴァトレードジャパン証券 ⇒ アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設はこちら
国内では数少ないNDD方式業者です。

4.システムトレードを行いたい!
■インヴァスト証券 インヴァスト証券 シストレ24 口座開設 公式ページはこちら
■FXトレードフィナンシャル FXトレードフィナンシャル 口座開設 公式ページはこちら

5.海外口座を使ってみる!
■XM TRADING ⇒ XM口座開設 公式ページはこちら!

XMをやるなら、TariTari経由がお得です。
⇒ XM.COMのキャッシュバック口座開設 公式ページはこちら

6. 取引ツールの使いやすさで人気!株取引も!
「スーパーはっちゅう君」「はっちゅう君」「iClick株」「株roid」
■GMOクリック証券
⇒ ≪GMOクリック証券≫GMOクリック証券口座開設 公式ページはこちら!

7.お得なキャンペーン口座
■GMOクリック証券
クリック証券×志摩力男タイアップキャンペーン 公式ページはこちら

<口座を開設したら、取引を始めましょう!>

あなたはテクニカル派?それともファンダメンタル派?

テクニカル派というのは、社会経済の動き(ファンダメンタル)はすべて、チャートに含まれているという考え方です。
テクニカルインディケーターや、ロウソク足の形を参考に売買を行います。
基本的にファンダメンタルを気にしません。
主なテクニカル分析に使われるインディケーターは、

移動平均線 ボリンジャーバンド RSI ストキャス MACDなどです。

こちらは実際にチャートに表示して値動きとインディケーターの動きを検証することが大事ですが、インディケーターには、それぞれ意味があります。単純に表示させてみただけでは、なかなか使えるようにはなりません。

特に初心者の段階で正しいインディケーターの使い方を学ぶことが大切です。変な癖ができる前に、しっかりと学んでおきましょう!

FXのテクニカル分析を学ぶために、おすすめは、

大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード

です。

無料で配られているものですが、その辺の有料教材に比べ格段にわかりやすく、本当のテクニカル分析の意味が分かります。是非無料でもらっておいてください。
FX取引の必須知識である、ダウ理論、エリオット波動、グランビルの法則なども学べますので、おすすめです。

⇒ 大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術をもらうにはこちら!

<参考ブログ>
FX書籍 維新流トレード術 購入してみた。 
<FX投資>維新流トレーダーズクラブに入ってみた

反対にファンダメンタル派は、社会経済の動きなどを考え、取引を行います。
日々のニュース、政界情勢、今後の経済の流れ予測などを参考にしますが、なかなか初心者には難しい方法だと思います。というのも、値を動かす情報をなかなか先に取れないからです。
ニュースになった時点で、値はその方向に動いている可能性が高く、なかなかタイミングをとりずらい取引方法だと思います。
対策としては、情報ソースを持っておくことですが、ほんとに正しい情報というのは、なかなか手に入りません。
しかし、ここでは、おすすめの情報メルマガを紹介しておきます。

<おすすめ情報メルマガ>

★志摩力男の実践リアルトレード
志摩力男の実戦リアルトレード
現役トレーダーの志摩力男 現在もファンド筋などとの交流は活発で鋭く世界を分析
<参考ブログ>
⇒ <リアルトレード>プロの目線!志摩力男の実戦リアルトレードを購読してみた!
⇒ <FX投資>ファンダメンタルは重要か?

クリック証券とのタイアップで無料で読めるキャンペーンもあります。
クリック証券×志摩力男タイアップキャンペーン


★時鳥政経レポート 天の時

【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」公式ページはこちら

参考ブログ ⇒ 【時鳥・政経レポート 天の時】 価値あるメルマガ!

時鳥政経レポートは、日経225先物取引主体(FX口座で取引でいる会社もあります。)ですが、世界経済を知る上では必読です。

この2つのメルマガは、私も購読し、参考にしています。

テクニカル派は、後述するスキャルピングからスイング(短期~長期取引)まで幅広く使えますが、ファンダメンタル派は、どちらかというとデイトレードからスイング(中長期)取引をする方が多いと思います。

<トレードの種類は?>

1.スキャルピングトレード
数秒から数分でトレードを繰り返し行うトレード方法です。時間足としては、
1分足、5分足を中心に、値動きの流れとして1時間足を使います。

注意点としては、スプレッドです。このスプレッドが広いと、取引回数が多い分、手数料
を多く払わないといけません。スキャルピングをされる方は、スプレッド設定がの狭い
口座で、さらにスプレッドが狭いUSD/JPY(ドル円)や、EUR/USD(ユロドル)などの
メジャー通貨で行うことをお勧めします。

私が使ったスキャルピング教材では、

■最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
■秒速スキャルFX

などがあります。どちらも再現性は高いのでお勧めです。
参考ブログ⇒
<教材評価> このロジックで勝てる!?【空いた時間にスキャルピングで金儲け 恋スキャFXビクトリーDX完全版】 

2.デイトレード

こちらは、1回のトレードを、数十分から数時間で行う方法です。時間足は、
5分足、15分、30分、1時間、4時間足くらいまでを 使います。
スキャルピングに比べ比較的ゆっくりトレードできますが、取引回数も多く
資金効率も良い手法です。持ち越しリスクもありませんので、初心者にはお勧めです。
3.スイングトレード
こちらは、保有期間が数日から数週間になります。その分大きな利益が狙えます。
忙しいサラリーマンでもできる手法ですが、メンタルがすごく大切になります。
長く持つ分、上下の動きも大きく、利益がある程度出てたら、利確をしたくなりますし、
損失が長い期間出てたら、精神的にまいります。
この手法は、目標値まで持ち続ける信念が必要ですし、目標値まで行くということを
裏付けるチャートの勉強、検証などが必要です。
デイトレード、スイングトレードでおすすめの教材は、

トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX

です。

参考ブログ⇒
<教材評価> 簡単ロジック FXスイングトレード手法 トレードハンターFX 関野典良

こちらも再現性は高い手法になります。しかしある程度チャートの知識、理論などが
必要になりますので、維新流トレードをまず勉強することをお勧めします。

⇒ 大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術をもらうにはこちら!

4.システムトレード

こちらは、基本的には、感情を介さず、プログラムした通り自動的にトレードする方法です。

FX会社によっては、システムトレードを提供しているところもあります。
有名なのは、インヴァスト証券ですね。また、MT4が使えるFXトレードフィナンシャルも提供しています。裁量とシステムを両方したい方はFXトレードフィナンシャルがおすすめです。

公式ページはこちら
インヴァスト証券 シストレ24 口座開設

FXトレードフィナンシャル 口座開設

また、自分でオリジナルのシステムを作ってみたい!という方もいるかもしれません。
今はプログラム知識がなくても簡単に作ることができます。

例えば、MT4EAエディタでで簡単に作ることができます。
このソフトで自動売買、いわゆるEAを作成することができます。
高いソフトではないので是非お試しください。
MT4EAエディタ公式ページはこちら
参考ブログ
⇒ EA作成ソフト MT4EAエディタを購入してみた!
⇒ MT4EAエディタで自作EAを作ってみた!

その他、私も使っていた、プラチナムターボFXというものがあります。
こちらは、自動で売り買いのサインが出ますが、完璧なシステムトレードではなく、エントリーするしないは裁量になります。
裁量トレードを勉強するためのシステムトレードとしては、おすすめです。
⇒ PLATINUM TURBO FXを使ってみる!

以上、FX取引を始めるうえで必要な情報を集めてみました。

是非、この機会にFXを始めてみてください!一緒に頑張りましょう!

<関連キーワード>

FX口座、キャッシュバック、MT4、手数料、スプレッド、システムトレード、テクニカル、インディケーター、ファンダメンタル、ドル円、ユーロドル、日経225、時鳥、天の時、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、EA作成、MT4EAエディタ、NDD方式、ECN方式、恋するスキャルマジック、秒速FX、トレンドハンターFX、プラチナムターボFX、志摩力男、リアルトレード、SBI、FXトレードフィナンシャル、FXTF、OANDA、インヴァスト証券、GMOクリック証券、アヴァトレードジャパン、維新流、移動平均線、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、RSI、MACD、ダウ理論、グランビルの法則、エリオット波動、ロウソク足

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする