第6回 決済方法について

Pocket


トップアスリートも取り入れている視力回復トレーニング!
お子様の大切な視力を回復させる最新手法! (効果がない場合は返金対応可能)
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法を試してみる


今回は決済方法についての話です。

英語で Payment Term と言います。

通常は、TT(現金払い)LC(信用状払い)になりますが、

輸出の基本は現金商売ですので、TTでのお話になります。

支払いで問題になるのは、いつ支払ってもらうか?ということになります。

通常は相手企業の規模や信用となりますが、貿易は国内取引ではありません。

遠い外国の企業が相手です。回収できないというリスクも出てきます。

ですので、通常は前払いをしてもらいます。この前払いのことを

TT in Advance といいます。

では、前払いでもいつの時点で払ってもらったらいいでしょう?

下の図を見てみてください。

TT

A.注文時に全額 TT Upon (When) Order

B.  商品が準備できた時=生産が完了した時 TT before Shipment

*出荷準備ができた状態をCargo Readyと言います。

C.商品を出荷(出港)した時(商品を渡す前) TT against BL

基本はこの3つです。A,B,Cの順でリスクが高くなります。

Cについて少し説明します。

出港したら船荷証券=BLが発行されます。ですのでCの出港後払いを

TT against BLと言います。

BLが発行された時点では、まだ相手は商品を受け取れません。

発行されたBL(船荷証券)を相手に渡した時点で、相手は商品を受け取ることができます。

この場合、販売者は、代金を受け取ってBLを相手に発送することとなります。

これが基本ですが、BLを送る手間を省く方法もあります。それは、テレックスリリースと言います。これはBLを相手に送る必要はありません。

販売者が代金を受け取り、商品を相手に渡していいとなったら、船会社に連絡するだけで完了します。

細かいことはいろいろありますが、船会社が基本すべて処理し、相手は商品を受け取ることができます。この処理をされたBLをSurrendered BLと言います。




支払い方法に話を戻します。

A~Cの支払い時期がありますが、一番多い支払い方法は、AとB、AとCの組み合わせとなります。

例えば…

30%を注文時A 70%を出荷前B

または

30%を注文時A 70%を出港後C

などです。

この方法が一番一般的だと思います。

アドバイスではないですが、注文時に頭金(Deposit)は必ずもらいましょう。

注文時に全額もらう(A)のは、なかなか難しいですが、頭金は比較的納得されます。

では、しっかり代金を回収し安全な取引を行いましょう!

というわけで今回は支払い方法のお話でした。

では、


トップアスリートも取り入れている視力回復トレーニング!
お子様の大切な視力を回復させる最新手法! (効果がない場合は返金対応可能)
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法を試してみる


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする